セミシングル

一人暮らしの狭めの部屋におすすめのベッド

一人暮らしの狭めの部屋におすすめできる、ベッドを二つ紹介していきます。

幅の狭いセミシングルベッドが一人暮らしにオススメの理由

一人暮らしに幅の狭いベッドがオススメの理由を4つ紹介します。

移動や模様替えが楽々

通常のシングルベッドよりもサイズが小さいため、ベッド周りの掃除や模様替えが簡単です。お部屋の雰囲気を変えるのが好きな方や、季節ごとに模様替えを楽しむ方にとって、幅の狭いベッドは便利な選択肢といえるでしょう。

スペースの有効活用

通常より小さなベッドを利用することで、狭いスペースのお部屋に最適で、部屋の広さを最大限に活かすことができます。家具やデコレーションを配置する余裕がほしい方には最適な選択肢です。

腰掛として

幅の狭いベッドを腰掛のように使うことが出来ます。後ろにクッションを挟めばソファーとして使うこともできます。

快適な睡眠環境

幅の狭いベッドは一人で寝るのにちょうど良いサイズと言えます。自分のスペースを確保してリラックスした睡眠を手に入れることができます。質の良い睡眠は健康の基本ですので、快適な睡眠環境の確保が重要です。

収納スペースの確保

布団やマットレス単体と違い、ベッドフレームの下に収納スペースを作ることが出来ます。

幅の狭いベッドをオススメしない理由

幅の狭いベッドをオススメできない方を紹介していきます。

寝相の悪い人

寝相の悪い方はベッドから落ちてしまうため、大き目のベッドや柵付きのベッドを買うのがオススメです。

色々やりたい人

寝ること以外は手狭になります。

オススメのベッド

オススメのベッドを2つ紹介していきます。

セミシングルベッド

男性でも、寝相が悪くなければセミシングルのベッドでも十分睡眠スペースを確保することが出来ます。
また、コンセントが使えるので利便性が滅茶苦茶良いです。

koala®︎【コアラソファー CHILLAX】

女性や小柄な方以外は厳しいですが、コアラマットレスのソファーはかなり小さいですがベッドの代わりにすることが出来ます。
凄くスタイリッシュでおしゃれなので特に女性にオススメです。

koala®︎【コアラソファー CHILLAX】

一人暮らしにおすすめの小さ目のベッドは、スペース効率がよいだけでなく、デザインや快適性も兼ね備えています。上記のメリット・デメリットを考慮して、自分にぴったりのベッドを選んで、理想の寝室を実現しましょう。